SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
スポンサードリンク
「お気に入り」に追加
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康、食品、ビジネス、旅行などの生活上の知っておくべきと思う情報を厳選して提供します。
知っていたことも知らなかったことも再認識していただく為のブログです。
Google
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
全国のホタルに会えるスポットと生態系
「ホタルに会えるスポット特集」

初夏の夜を彩るほたるの明かり。
川面に浮かぶロマンチックなショーに会いに
行きませんか?

全国のホタルMAPです。

(ホタルの鑑賞のマナー&コツ)
(ゲンジボタルの一生)
(ほたるQ&A)

と一緒にご覧下さい。

http://www.rurubu.com/season/summer/hotaru/

「日本の夏の風物詩、ホタル」

日本の夏の風物詩として知られるホタル(蛍)。
今ではなかなか見られなくなりつつある、
郷愁をそそる光は、多くの文学作品や音楽などの
題材にもなっている。

このホタルについてわかるページを集めてみた。

※凡例
[写]……夜空のホタル写真あり
[生]……ホタルの生態の解説あり
[ス]……生息地や観察スポットの情報あり
[イ]……イベント情報あり
[リ]……リンク集あり

http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2000/0612/firefly.htm

「ゲンジボタルの生態系を考える」

幼虫は水辺で鰓呼吸から気門呼吸に切りかえ、
適度な湿り気の場所を探し、そこに穴を
掘って潜り込む。

体を丸めて球状の土窩をつくり、そこで前蛹
になって一ヶ月以上じっとしてる。

土窩は口からだした唾液で周りの壁を固めて
あるので独特なにおいがし、外的の侵入を防ぐ
効果があると思われる。

上陸してから約40日後に蛹化し、さらに
15日後に羽化した成虫は岸の土の中から
はい出し昼間は葉の裏にじっとしているが
くらくなると発光して飛び出す。
 
雄の平均寿命は約6日、雌は平均14日位で
この間に交尾産卵する。発生期間が一ヶ月と
すると前半期間は雄が多く、後半になると雌の
個体数が多くなる。

発光はコミュニケーションの手段で雌を
見つけた雄は近くに止まり独特な
プロポーズ発光をし、雌が受け入れる意志を
発光で示すと交尾する。

雌は終日陽の当たらないしめった苔の上に
産卵し卵は常にしめった状態で約30日後
孵化する。

体長1.5ミリの幼虫は水に入り底の小石
などの下にもぐり夜になると出てきてカワニナの
稚貝をさがす。

幼虫は体にあった巻貝を探し自力で貝のふたを
あけ、だ液の消化酵素でカワニナの肉を
溶かして食べる。

私が1匹の幼虫はどのくらいカワニナを
食べるか調べた所、蛹化までに約25匹で
あった。

殻の長さが3ミリから35ミリまで大小の
カワニナがいてホタルの幼虫は蛹になれる。
かりにその場で50匹のホタルを飛ばしたい
とすると、下図のような生態系の構成が必要に
なる。

http://www.nihon-hotaru.com/lecture/protection.html

詳しい説明は、次をご覧下さい。

>> ホタルに会えるスポットと生態系
| 旅行 | 06:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
海外、国内へ移住計画
「沖縄移住情報」

沖縄は日本、査証など要らない。
自由に働け、自由に家も買え、日本語も通じる。
そして独自の文化。
「結」と呼ばれる助け合いの精神も。
といったことから、海外移住希望者が世界を
廻った後に、沖縄に落ち着いてしまう例
も珍しくありません。

定住以外にも宿舎完備のアルバイトをみつけたり、
安宿に泊りながら働く女性や若者も増加。

こういう背景もあってか、沖縄各地の安宿は
2002年頃から急増化しています。

一方、土地や家の購入・賃貸はとても安い場合
がありますが、県外者を対象とした
セカンドハウスやリゾート物件などは、
現地相場と比べて割高となっている場合も
あります。

島によってはアパートなどの賃貸物件が
なかったり、不動産店がなかったりもします。

いずれにしても、海外移住の番外例として
沖縄移住を考えている人は増加。

県外からの沖縄移住者は、2001年から急増傾向の
様相をみせています。

http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/ok.html

「都会を離れ夢の移住」

もうすぐ定年を迎える、段階の世代の方々も多く
TV、雑誌などで移住や田舎暮らしがちょっとした
ブームのようで 夢や憧れを持ってみている方も
多いと思います。
 
それにつられてか若い世代の人も、都会を離れ
南の島などに移り住んで好きな趣味などを満喫した
夢のような生活をしている人も多いとと聞きます
   
一言で移住と言っても
海外、国内とに分かれるでしょう
  
海外は範囲を広げれば世界中に
星のごとく点在するでしょうから、物価の
比較的安いアジアと自然豊かな国を中心にまさに
楽園と呼べる国を取り上げたいと思います。 

国内も候補をあげれば、北から南、山から海辺と
範囲が相当広いと思います、ここでは比較的
メディアなどで過去取り上げられた地域や
自給自足、で田舎暮らしなどが出来そうな、
趣味が楽しめる所なども取り上げて行きたい
と思います。
 
「リンク集」には移住を夢見ている方、既に
計画している方々に出来るだけお役に立て
られるように

ここで取り上げられなかった素晴らしい地域や、
その地方のさまざまな情報を可能な限り取り
上げていきたいと思います。
  
又、離島などは医療面や教育面の心配もある
でしょうから健康、や教育に関するサイト
などもお役立ちリンク集に掲載していきます。

http://www.ayay10.com/

「ロングステイ・海外移住のための海外生活情報」

ロングステイ・海外移住・語学留学など、
海外生活をするときに知っておきたい、
国別基本情報、治安、住まい、医療、物価、
教育、文化などの生活情報です。

(海外生活情報カテゴリー項目一覧)

ロングステイとは?
ロングステイ最新情報
ロングステイ・海外移住準備編
国別基本情報
1リタイアメント・ビザ情報
2永住ビザ情報
3各国ビザ情報
カナダビザ情報 ハワイビザ情報
マレーシアビザ情報
ビザ情報
1海外での病気対策一般
2国別医療情報
治安情報
住まい・宿泊情報
現地での暮らし
旅行役立ち情報
留学

http://www.wingrich0.com/blog1/

詳しい説明は、次をご覧下さい。

>> 海外、国内へ移住計画





| 旅行 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(4) |
国内、海外滞在型の余暇
「1週間以上の滞在型旅行に最適!」

時間に余裕のある方なら、1週間ほどお気に入り
の土地に滞在し、そこを拠点に、散策したり
近隣の観光地を訪ねたりしてはいかがでしょうか。

短期の旅行では得られない体験や思い出が
できるはずです。

でもその場合、気になるのが宿泊施設の問題。
ホテルや旅館に1週間も滞在となると、
その費用はばかになりません。

また、3食すべて外食というのもつらいものです。
たまには軽くお茶漬けで済ましたり、
その土地の旬の素材を買って自分で料理
したりしたいと思うこともあるでしょう。

そこでお勧めしたいのが、ホテルの代わりに
マンスリーマンションを利用するという裏技です。

(マンスリーマンションのメリットは)

1.ホテルより宿泊費が断然安い
2.自炊ができる
(調理器具や食器類は部屋に備えてある)
3.洗濯ができる(洗濯機も備えてある)
4.ホテルのような煩わしさがない

でも、マンスリーマンションは旅行で利用
できるほど全国にあるのか? 
という疑問を持つ方も多いかもしれませんね。

さすがに鄙びた温泉街などにはありませんが、
今やマンスリーマンションは全国の主要都市に
広がっています。

そこで次ページでは、旅行の滞在先として
使える全国のマンスリーマンションの中から、
最低契約日数が7日以下で、2人以上で利用できる、
ガイドお勧めの物件をいくつかご紹介しましょう。

ご紹介するのはごく一部の物件ですが、実際に、
どんなエリアで、どんな間取りの物件が、
どのくらいの料金で利用できるかを実感して
いただければと思います。

http://allabout.co.jp/house/monthlymansion/closeup/CU20041016A/index.htm

「財団法人 ロングステイ財団」

財)ロングステイ財団は、1992(平成4)年2月に
通商産業省(現;経済産業省)の認可を受けて
設立された公益法人である。

海外旅行のスタイルも従来に短期周遊型の
旅行から比較的長く一定地域に滞在し、
現地で生活をしながら自由時間の活動を行う
という幅広いものになりつつあり、個人が
望む旅行のスタイルはさまざまなものが
生まれている。

このような社会的背景を受けて、
(財)ロングステイ財団では

「生活の源泉を日本に置きながら海外の
1か所に比較的長く滞在し、その国の文化や
生活に触れ、現地社会に貢献を通じて国際親善に
寄与する海外滞在スタイル」

を総称してロングステイと名づけ、
ロングステイの普及・啓発活動に取り組んでいる。

http://www.longstay.or.jp/office/tc_3.html

「海外生活とその適地について」

(1) 海外”生活”と”観光”の違い

観光:
数日滞在。訪問先は観光用の施設
(ホテル・レストラン・名所)のみ。
世界中の多数の国が適地。

生活:
月・年の滞在。行動も多様化・広域化。
“生活に適したの場(街)”が必要。
インフラの整った街で生活している日本人に
とっては、適地は極々限られている。

(2) 海外生活のストレス(マイナス)は
  ”違い”からくる

表面的な違い:
人種(風貌)・言葉・習慣等。時間の
経過・経験で減少。

本質的な違い:
本質的な違いは生活環境・人(生活レベルの違う)
から生じ、時間の経過・経験で減少しない。
従って海外生活をする場合は、
“生活レベルの高いところ”を選ぶ必要があり、
そこでは違いは小さくストレスも少ない。

(3) 海外生活の”コスト(物価)について

経済基盤は日本において、海外生活を楽しむ
為には、コストの低いところが必要。
永住はお勧めしない

(4) 海外生活の適地の主な条件

1.気候 : 温暖であること
2.街 : インフラの整った街があること。

重要項目は下記の通り。
1)安全 
2)衛生・医療 
3)食事・水 
4)住居 
5)娯楽施設

3.人
1)生活レベルがある程度以上の所
2)人種(東洋人・西洋人 )
3)親日性

4.言葉 : 英語が一番。但し“母国語”と
     “習った英語”は大違い。

5.コスト : 生活費が安く、海外生活が
      楽しめることが必要。

http://www.tokyo489.com/longstay/longstay.htm

詳しい説明は、次をご覧下さい。

>> 国内、海外滞在型の余暇


| 旅行 | 13:55 | comments(2) | trackbacks(0) |