SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
スポンサードリンク
「お気に入り」に追加
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康、食品、ビジネス、旅行などの生活上の知っておくべきと思う情報を厳選して提供します。
知っていたことも知らなかったことも再認識していただく為のブログです。
Google
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フィトケミカルは第7の栄養素
JUGEMテーマ:健康


「フィトケミカルとは」

フィトケミカルとは、植物性食品に含まれる物質の
総称のこと。
植物性食品には、ビタミンやミネラルなどの栄養素、
食物繊維などが含まれていますが、
フィトケミカルとは、「色」「香り」「苦味」と
いった今まで栄養素とは考えられていなかった成分
のことをいいます。

フィトケミカルが最も注目されている理由が、
活性酸素から体を守る抗酸化作用です。

また、フィトケミカルは、「セラミド不足を解消・
再生し、肌の内側からうるおいをキープし、
肌を若返らせる」として注目を集めています。

「皮膚の新陳代謝を活発化させる」

フィトケミカルは植物が自分たちの身体を
守るために持っている自己防衛成分で、
カテキンやポリフェノールなどもフィトケミカル
の一種。

フィトケミカルを何種類かのグループで
摂取することで、活性酸素を撃退したり、免疫力を
高めて病気の予防などに役立つことから、
アメリカなどでは第7の栄養素として注目
されているそう。

フィトケミカルの多くは植物の色素成分なので、
見た目の色が大事。

黄色、緑、赤、オレンジ、紫、白、黒の7色に
大きく分類されるそう。
きみあおむしくんで憶えましょう(笑)。

>> フィトケミカルは第7の栄養素

| 食品 | 16:51 | comments(228) | trackbacks(0) |
野菜ソムリエの資格とは
JUGEMテーマ:グルメ


野菜ソムリエ」

ベジタブル&フルーツマイスター認定資格

野菜と果物の美味しさや楽しさを理解し伝えること
のできるスペシャリストに与えられる認定資格です。

ジュニアマイスター、マイスター、シニアマイスター
の3種類の資格があります。

「野菜ソムリエ」ってどんな仕事?

大型店舗が主流になるにつれ、生活者は旬のおいしい
青果物は何か、とか、おいしい調理法などを知る
機会がなくなってしまった。

そこで、野菜や果物に関する知識を身につけて、
生産者と生活者の架け橋になれる人材を育成するため
、2001年に協会が設立されました」。

資格を取得した受講者たちは、どんな活躍を
しているのでしょうか

詳しい説明は、次をご覧下さい。

>> 野菜ソムリエの資格とは
| 食品 | 10:16 | comments(12) | trackbacks(0) |
しょうが(生姜)のパワー
「生姜の効果と働き」

生姜の持つ効果や効能としてよく知られているのは、
血液の循環をスムーズに行えるように働きかけ、
身体を温めてくれるというものです。

その他には、あまり知られていないものもありますが、
吐き気をとめる効果もあるといわれています。

はっきりとした効果が確かめられてはいないようですが、
東洋医学では乗り物酔いに効果があるともいわれて
船やバスなどの乗り物に乗る際に利用されていることも
あります。

また、身体の不調は、体内に不要なものや、
身体に負担となるものがあるために起こると
考えられることもあります。

そのため、しょうがの胃や腸に対する刺激で消化機能を
促進させたり、発汗作用や循環機能の活性化などからその
不要なものを取り除く解毒の効果があるとして、
しょうがの絞り汁やすりおろしたものが使われる
こともあります。

同じように、不要なものを取り除き体内の様々な機能が
スムーズにバランスよく働くようにすることから、
下痢や便秘の解消にも効果があるといわれています。

生姜を食用として取り入れる際には、生の生姜で
一日小さじ1杯程度乾燥生姜の場合は1〜4gを目安に
摂取するとよいといわれています
http://www.syouga.net/basic/kounou.html

「血・水・気の流れをよくする」

(しょうがは血液をきれいにする)

心臓を刺激し、血管を開き血流をよくする
トロンボキサン、プロスタグランディンの生成量を減らし、
血小板の凝集力を弱める(血流をよくする)
白血球の機能を促進し、体内・血液内の毒素の
貪欲・処理をする
血中コレステロールを低下させる

(しょうがは水の排泄をよくする)

発汗・利尿をうながし、体液の流れをよくする
粘液(痰など)の分泌をうながし、体液の流れをよくする

(しょうがは気の流れをよくする)

脳の血流をよくして、坑うつ気分を取る(気を開く)
副腎髄質を刺激して、アドレナリンを分泌させ、
気力を高める
エネルギーの流れをよくして、からだに活力を与える

以上のように、「血・水・気」の流れをよくすることが
わかります。
http://sijen.seesaa.net/article/56659372.html

詳しい説明は、次をご覧下さい。

>> しょうが(生姜)のパワー

| 食品 | 09:19 | comments(1) | trackbacks(0) |
植物性乳酸菌と漬物
「植物性乳酸菌」

動物性乳酸菌にも生きて腸まで届く乳酸菌が
ありますが、植物性乳酸菌も、胃酸のなかで
生き抜き、腸の奥まで生きたまま届くことが
できます。

乳酸菌ならではのプロパイオテイクス効果
(腸内細菌のバランスを改善し、体の防御機能を
高めること)を十分に得るには、乳酸菌が生きて
腸まで届くことが必須条件です。

植物性乳酸菌は、酸やアルカリにも強く、
動物性乳酸菌よりも過酷な環境でもある程度生息
できる乳酸菌であると言われています。

乳酸菌が腸に届くと、腸内に住みつく「善玉菌」
であるビフイズス菌を増やして、大腸菌などの
悪玉菌の働きを抑えます。

腸内で善玉菌が優勢になると、腸の機能は高まり、
消化吸収が促進され、結果的に便秘や下痢などを
防ぐのです。
http://www.nyu-sankin.net/kind/3plant.html

「乳酸菌飲料より、お漬け物」

しっかりと時間をかけたぬか漬けは乳酸菌や酵母菌、
さらにこれらの有用菌がつくりだす様々な酵素などを
含め、わたしたちになくてはならない宝物を供給して
くれているのです。

最近、乳酸菌関連の飲料や食品がやたらと出回って
いますが、乳酸菌信仰が一人歩きして、身近な漬け物が
忘れ去られているような気がしてなりません。

乳酸菌と言う言葉に「乳」という文字が入っている
ため、乳酸菌は乳製品からしか摂りいれられない
ような錯覚をおこしているのではないでしょうか?

実際には、通常の乳酸菌食品や飲料では食べたり、
飲んだりしても腸にはとどかないのが現実のようです。

腸まで届くという謳い文句のものもあるようですが
これは自然ではありえないことだそうです。

しかしぬか漬けは、乳酸菌や様々な有用菌とともに
しっかりと腸まで届くと言うから驚きです。

日本人の感覚的叡智には頭がさがります。
http://eco.goo.ne.jp/food/slowfood/dentosyoku/shoku18.html

詳しい説明は、次をご覧下さい。

>> 植物性乳酸菌と漬物
| 食品 | 18:41 | comments(1) | trackbacks(0) |
ニンニクの薬効
「ニンニクの薬効」

1.疲労回復効果

疲労回復ビタミンといわれるビタミンB1は、
糖質を分解してエネルギーにかえるときに
必要な栄養素です。

ビタミンB1はもともと水溶性ですぐに尿から
排泄されてなくなります。ところがニンニクの
香りの成分のアリシンが、ビタミンB1と
結合すると、活性持続型ビタミンの
アリチアミンになります。

アリチアミンは体内でアノイリナーゼ菌による
破壊を受けないので、ビタミンB1の吸収は
格段に高まります。
また、脂溶性にかわり、排泄されにくくなり、
B1単独の場合に比べて疲労回復に一層の効果を
発揮するのです。
その他、ニンニクにはアドレナリン分泌を促して
交感神経を刺激する作用もあり強壮作用も示します。


2.殺菌作用

ニンニクの香りの成分アリシンそのものはニンニクの
中には存在せず、ニンニクを刻んだりすりおろしたり
すると生成されます。

すなわちニンニク中の香りの前駆物質(含硫アミノ酸)、
すなわちアリイン、メチイン、イソアリインは、
包丁をいれると香りの成分アリシンに瞬時に変わります。

ニンニク細胞が破壊されて、これらの含硫アミノ酸が
ニンニク中の酵素アリイナーゼと接触して瞬時に
アリシンに変化するのです。

このアリシンは非常に不安定のもので、時間が経ったり
加熱すると安定型である別のイオウ化合物に変化します。
ニンニクの薬効はアリシンだけでなく、安定で揮発性を
しめす、これらのイオウ化合物によるものであることが
最近判明しています。

アリシンやそのイオウ化合物は、糸状菌、大腸菌などの
殺菌作用や菌の出す毒素の中和作用を示します。

最近では、消化性潰瘍や胃がんの原因菌ともなる
ヘリコバススター・ピロリを抑制するとも
報告されています。

3.血栓予防効果
4.動脈硬化予防
5.ガン予防
http://www.bl.mmtr.or.jp/~shinjou/nin.htm

「“ニンニク”の抗酸化作用」

活性酸素の発生を防ぐのが、コエンザイムQ10や
αリポ酸など、抗酸化作用を持つ物質。

そのため、米国ではストレスが多い人や、きれいな肌を
保ちたい人が取るサプリメントとして人気が高いのだが、
ニンニクに含まれる「アリシン」という成分に、
この「抗酸化作用」があるのだ。
ちなみに、アリシンは、ニンニク特有の臭い
のもとでもある。

アリシンは抗酸化作用以外にも、殺菌や抗菌作用を持ち、
コレラ菌、結核菌などにも有効だといわれている。

また、活性酸素の発生を防いだり、胃や腸に刺激を
与え、食欲を増強させたりと、様々な優れた作用がある。
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/366/366627.html

詳しい説明は、次をご覧下さい。

>> ニンニクの薬効

| 食品 | 09:47 | comments(0) | trackbacks(1) |
ヒアルロン酸と老化防止
「ヒアルロン酸」

ヒアルロン酸とは、人間の皮膚の中に存在し、
水分を保って肌の乾燥や荒れを防ぐ役割をしている。

ヒアルロン酸は、関節液、関節軟骨などにも含まれ、
骨と骨の間の滑りをよくし、クッションとしての
働きなど、関節の動きを良くする役割をしている。

最近の研究では細胞が壊された時や強い炎症が
起こった時に細胞を修復する機能があると
言われている。

実際のヒアルロン酸はネバネバした液状の
物質であり、分子量が大きいものはゼリー状。

ヒアルロン酸は加齢とともに減少する。

ドリンクのサプリメントや化粧水、スキンクリーム、
入浴剤なども販売されている。

ヒアルロン酸を多く含むフカヒレスープや
鳥の手羽などの食品を要チェック。
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_cosme/w002612.htm

「加齢に伴い減っていくヒアルロン酸」

赤ちゃんの体の90%は水で出来ています。
赤ちゃんのお肌にはヒアルロン酸が多く存在し、
潤いを保っています。
だから、あんなにもプルプルなんです。

でも、私たちの体内のヒアルロン酸合成能力は、
今話題のコエンザイムQ10やαリポ酸と同じく
衰えます。
しかもヒアルロン酸の減っていくスピードは
驚くほど早いんです。

ヒアルロン酸と同じムコ多糖の1種コラーゲンが
体内で半減するまでの期間は約半年と言われて
いますが、これに対してヒアルロン酸が半減する
までの期間は1〜2週間とすごく短いんです。
言い換えれば減少の早いヒアルロン酸は常に
不足しがちな物質とも言えます。

ヒアルロン酸の量を、0〜20歳までを100と
した場合、30歳までは70%、
50歳までは40%、60歳までには約25%まで
減ってしまいます。

それではどのようなヒアルロン酸が良いのでしょうか?

低分子化してある
天然由来の成分である
国産食用鶏を使っている
酵素法分解である

などです。

ヒアルロン酸は、身体のどの場所においても
保水性を保ちます。

ヒアルロン酸を積極的に食べると、
乾燥肌、目の疲労、疲労回復、生理痛の解消、
冷え性改善、老化防止、関節痛、更年期障害、
ドロドロ血、細胞組織修復作用、貧血、
湿疹アトピーの改善、糖尿病、性的減退など
にヒアルロン酸は効果的です。
http://hyaluronan.blog36.fc2.com/

詳しい説明は、次をご覧下さい。

>> ヒアルロン酸と老化防止
| 食品 | 08:42 | comments(0) | trackbacks(2) |
ゼラチンの幅広い用途
「ゼラチンとコラーゲン」

動物の体を形づくる繊維状のタンパク質
「 コラーゲン 」 は、そのままでは水に
溶けませんが、長時間、水と加熱すると、
ある温度で水に溶けるようになります。
これが 「 ゼラチン 」 です。

タンパク質を沢山含んでいるものであれば
ゼラチンの原料として用いることができますが、
安定した生産を保つために、その多くは豚や牛など、
家畜の骨や皮から抽出されています。

動物から抽出するこれまでの製造法を生かしながら、
鮭皮などから抽出するマリンゼラチンなど、
新しい分野の開発にも積極的に取り組んでいます。

「 ゼラチンを摂る = コラーゲンを摂取すること 」
になります。

ゼラチンは美容にも、とってもいいんですよ。

(寒天とゼラチンの違い)

寒天は常温では溶けませんが、ゼラチンは溶けます。
ですからゼラチンで作ったゼリーは口溶けがよく、
寒天で作ったゼリーは少し固めに仕上がります。
この性質を利用して、ゼラチンは、介護食にも
積極的に用いられています。

また、それぞれの大きな違いとして

(寒天)
  植物性。ノ-カロリー。栄養がない。

(ゼラチン)
  動物性。タンパク質。カロリーがある。栄養がある。

という点もあげられます。

「ゼラチンの新しい用途」

写真用、医薬用、食品用、工業用に使用されている
用途のほかに、新規用途として、リハビリ用医療食材
としてのゼラチンが注目されています。

摂食・嚥下(えんげ)障害 : 
これはものを食するときに飲み込むことが困難になり、
飲み込む機能が低下してくると誤嚥し、肺に食物が
入り込むなど食事が不自由になります。

従来はチューブで流動食を補給する方法を
用いていましたが、リハビリを行い飲み込む力を
回復させる方向に力点がおかれ始め、
それにはゼラチン食が有効であることが判明して
きました。

水分補給、栄養補給の観点からお茶ゼリー、
カボチャゼリーなど提供することにより機能を
回復させるようになってきました。

そこで作業性の便利なニッピスーパーゼラチンSSB
(低エンドトキシンゼラチンシリーズ)が注目を
集めています。

お茶などにそのままゼラチンを振り入れるだけで
ゼリーができるため簡単に利用することができます。

またデザートとしても用いることができるので
幅広い用途に応用できます。

詳しい説明は、次をご覧下さい。

>> ゼラチンの幅広い用途
| 食品 | 14:26 | comments(41) | trackbacks(2) |
寒天とダイエット効果
「寒天以外に何を食べるかが重要」

寒天に血糖値の上昇を穏やかにする効果や、
コレステロールの吸収を穏やかにする効果が
あると言っても、バランスの悪い食生活や
食べすぎたものを帳消しにできるほどの効果は
ありませんので「ただ単に食べればやせる」
という感覚で寒天ダイエットを始めると期待通りの
効果を得られないことでしょう。

あくまでも「全体としてダイエット向きの食生活を
した上でさらに寒天を用いると、よりスムーズに
ダイエットが進む」という認識を持つことが
大切です。

寒天はエネルギーになりにくい食物繊維が主成分で
あるためにダイエット向きの食材であるわけですが、
逆の見方をすれば、この寒天には食物繊維以外の
栄養素がほとんど含まれていません。

そこで寒天やところてんなどを主食のような扱いで
ダイエットを行なうと、
たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの
他の必須栄養素の不足が起ることが考えられます。
極端に寒天ばかりを食べる食生活は避けましょう。


「寒天のダイエット効果」

大ブレイクした寒天ダイエット。
「ムリなくやせる&お肌ツルツル」と大評判、
ところがその一方で、あまりの過熱ぶりに
正しい知識や効果的な食べ方を知らないまま
飛びつく人も。

「とにかく食べればいいんでしょ!?」では、
アナタのダイエットは失敗するかも。

今回は寒天ダイエットの肝のキモを専門の先生に
お伺いしました。

>> 寒天とダイエット効果
| 食品 | 09:20 | comments(1) | trackbacks(1) |
杜仲茶のダイエット効果
「杜仲茶」

杜仲茶は、中国原産の5大漢方
(冬虫夏草・人参・鹿茸・芍薬・杜仲 )のひとつ。
中国に自生するトチュウ科の落葉樹です。

中国では杜仲を数千年前から不老長寿の生薬
として扱ってきました。
中国の漢方薬辞典『神農本草経』 には、
不老長寿、無病息災を求める人が飲む「上薬 」
として分類されています。

杜仲が日本に渡来したのは奈良時代から平安時代
だとされます。

日本では葉を原料とした杜仲茶が一般的です。
しかし、中国では樹皮から煮出したものも飲むなど、
健康のため非常に用いられています。
樹皮は昔から医薬品として使われてきました。

杜仲という人が最初に服したことから「杜仲」
と名づけられたと伝えられています。

杜仲茶には鉄分や亜鉛、カリウム、ミネラル、
ビタミン類などが豊富

杜仲茶には、健康維持に有用な鉄分や亜鉛などの
微量元素が豊富に含まれています。
また、身体に貯めておけない重要成分、ミネラルも
多く含まれており、健康維持には非常に良い飲み物
とされます。

また、杜仲茶はカフェインレスですので、
お年よりから子供まで、安心して飲むこと
のできる飲み物だといえます。

杜仲茶の効果で最も有名で期待されているのは
ダイエット効果ではないでしょうか。
体内の脂肪を減少させ、肥満を軽減させる働き
があることが科学的にも立証されてきています。

最も効果があるのは、やはり樹皮の成分。
樹皮に多く含まれるリグナン化合物などの成分が、
体脂肪の減少やコレステロールの吸収を防ぐ効果を
もちます。

日本で飲まれているのは、葉の方ですが、こちらにも
少しですがリグナン化合物が含まれるため、同様の効果が
多少得られるようです。

「杜仲茶 ダイエット」

2週間で内臓脂肪が半分になる杜仲茶 とちゅう茶 
ダイエット

先日、テレビで放映されたダイエットがはやくも人気が
でているようです。
いつもながら、メディアの威力はすごいと思います。

今回ぴーかんバディで紹介されたのは、
たった2週間飲み続けるだけで内臓脂肪が
半分に減るという

杜仲茶 とちゅう茶 ダイエットです。

お茶を飲むだけでいいという、かんたんさが人気が
でるところなんでしょう。

「オススメのお茶」

メタボリックシンドロームの予備軍は、いまや、
成人男性で2000万人!

杜仲茶で善玉のアディポネクチンを増そう!

メタボリ 撃退の黒いお茶♪

お肉などの油料理を食べたら杜仲茶が分解!
今、注目の健康茶で毎日健康!
ウエストが男性85cm以上、女性90cm以上の方は、
内臓脂肪に要注意!!

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。
内臓脂肪は皮下脂肪と違い付きやすく取れやすい
のも特徴です。

今、マスコミ等で盛んに耳にするメタボリックシンドロームは、
この内臓脂肪が原因です。

烏龍茶に含まれるポリフェノールは食事中の
脂肪の吸収を防いでくれると言われています。

今、メタボリックシンドローム対策で注目
されています。

杜仲茶ゲニポシド酸は、杜仲茶を2週間飲んで
「内臓脂肪が半分になった」というTV放映以来、
大人気の杜仲茶の成分です★

詳しい説明は、次をご覧下さい。

>> 杜仲茶のダイエット効果
| 食品 | 07:05 | comments(43) | trackbacks(0) |
杜仲茶のダイエット効果
「杜仲茶」

杜仲茶は、中国原産の5大漢方
(冬虫夏草・人参・鹿茸・芍薬・杜仲 )のひとつ。
中国に自生するトチュウ科の落葉樹です。

中国では杜仲を数千年前から不老長寿の生薬
として扱ってきました。
中国の漢方薬辞典『神農本草経』 には、
不老長寿、無病息災を求める人が飲む「上薬 」
として分類されています。

杜仲が日本に渡来したのは奈良時代から平安時代
だとされます。

日本では葉を原料とした杜仲茶が一般的です。
しかし、中国では樹皮から煮出したものも飲むなど、
健康のため非常に用いられています。
樹皮は昔から医薬品として使われてきました。

杜仲という人が最初に服したことから「杜仲」
と名づけられたと伝えられています。

杜仲茶には鉄分や亜鉛、カリウム、ミネラル、
ビタミン類などが豊富

杜仲茶には、健康維持に有用な鉄分や亜鉛などの
微量元素が豊富に含まれています。
また、身体に貯めておけない重要成分、ミネラルも
多く含まれており、健康維持には非常に良い飲み物
とされます。

また、杜仲茶はカフェインレスですので、
お年よりから子供まで、安心して飲むこと
のできる飲み物だといえます。

杜仲茶の効果で最も有名で期待されているのは
ダイエット効果ではないでしょうか。
体内の脂肪を減少させ、肥満を軽減させる働き
があることが科学的にも立証されてきています。

最も効果があるのは、やはり樹皮の成分。
樹皮に多く含まれるリグナン化合物などの成分が、
体脂肪の減少やコレステロールの吸収を防ぐ効果を
もちます。

日本で飲まれているのは、葉の方ですが、こちらにも
少しですがリグナン化合物が含まれるため、同様の効果が
多少得られるようです。

「杜仲茶 ダイエット」

2週間で内臓脂肪が半分になる杜仲茶 とちゅう茶 
ダイエット

先日、テレビで放映されたダイエットがはやくも人気が
でているようです。
いつもながら、メディアの威力はすごいと思います。

今回ぴーかんバディで紹介されたのは、
たった2週間飲み続けるだけで内臓脂肪が
半分に減るという

杜仲茶 とちゅう茶 ダイエットです。

お茶を飲むだけでいいという、かんたんさが人気が
でるところなんでしょう。

「オススメのお茶」

メタボリックシンドロームの予備軍は、いまや、
成人男性で2000万人!

杜仲茶で善玉のアディポネクチンを増そう!

メタボリ 撃退の黒いお茶♪

お肉などの油料理を食べたら杜仲茶が分解!
今、注目の健康茶で毎日健康!
ウエストが男性85cm以上、女性90cm以上の方は、
内臓脂肪に要注意!!

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。
内臓脂肪は皮下脂肪と違い付きやすく取れやすい
のも特徴です。

今、マスコミ等で盛んに耳にするメタボリックシンドロームは、
この内臓脂肪が原因です。

烏龍茶に含まれるポリフェノールは食事中の
脂肪の吸収を防いでくれると言われています。

今、メタボリックシンドローム対策で注目
されています。

杜仲茶ゲニポシド酸は、杜仲茶を2週間飲んで
「内臓脂肪が半分になった」というTV放映以来、
大人気の杜仲茶の成分です★

詳しい説明は、次をご覧下さい。

>> 杜仲茶のダイエット効果
| 食品 | 07:04 | comments(1) | trackbacks(0) |