SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
スポンサードリンク
「お気に入り」に追加
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康、食品、ビジネス、旅行などの生活上の知っておくべきと思う情報を厳選して提供します。
知っていたことも知らなかったことも再認識していただく為のブログです。
Google
<< ゼラチンの幅広い用途 | main | 気管支ぜんそくと咳ぜんそく >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
太陽電池用多結晶シリコン量産
「シリコン不足で太陽光発電の拡大に懸念」

クリーンエネルギーへの需要が引き続き高まるにつれ、
2010年までには至る所で太陽光発電システムを目に
するようになると、太陽エネルギーに携わる
業界は予想する。

ところがシステムに使用されるシリコンの不足が
深刻になっているため、太陽エネルギーのさらなる
普及に水を差す恐れがあるという。

太陽光発電能力は2004年に前年比で62%増えて
927メガワットに達したが、2005年には成長を
支えるための原料の確保が困難になる恐れがあると、
ソーラーバズ社は報告している。

「新日鉄、太陽電池素材に参入・多結晶シリコン量産」
2010年にも新工場 [07/08/19]

新日本製鉄は太陽電池の基礎素材である
多結晶シリコンを量産、同市場に本格参入する。

生産コストを最大5割低減できる製法を開発、
年産2000トン規模の新工場を2010年にも建設する
方向で検討に入った。

JFEスチールも今年度中に同300トンの量産プラントを
建設する。

太陽電池メーカーの相次ぐ増産で多結晶シリコンは
品不足が深刻化。

鉄鋼大手の量産開始で 素材を含めた太陽電池の
国内一貫生産体制が強化され、環境分野での日本企業の
競争力が一段と 高まることになる。

二酸化炭素(CO2)を排出せずに発電できる太陽電池は
温暖化対策を急ぐ世界的な動きのなかで 需要が
急拡大するとみられている。

世界最大手のシャープを筆頭に京セラ、三洋電機など
国内各社が一斉に増産計画を打ち出しており、
多結晶シリコンの確保が最重要課題に浮上。

同素材を鉄鋼大手が低コストで国産化することで、
各社の増産に弾みがつく。

詳しい説明は、次をご覧下さい。

>> 太陽電池用多結晶シリコン量産
| 環境改善 | 11:06 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:06 | - | - |
unabundant minaciously deerhorn pulpitically plucklessness fluvioglacial haplodoci nationalist
<a href= http://www.cnn.com/2000/LAW/06/20/skakel.02/ >Ex-schoolmate: Skakel tearfully admitted involvement in slaying</a>
http://www.inventblog.com/

生活の為に必要な情報
| Saundra Alford | 2007/12/19 2:57 AM |









http://voyage3906.jugem.jp/trackback/151