SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
スポンサードリンク
「お気に入り」に追加
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康、食品、ビジネス、旅行などの生活上の知っておくべきと思う情報を厳選して提供します。
知っていたことも知らなかったことも再認識していただく為のブログです。
Google
<< 太陽電池用多結晶シリコン量産 | main | オクタコサノールの効果、効能 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
気管支ぜんそくと咳ぜんそく
「喘息(ぜんそく)」

(喘息(ぜんそく)は気管支の慢性的な病気です)

長い間、喘息は発作のときだけ気管支に変化が
おきる病気と考えられていました。

しかし、様々な研究が進むにつれ、普段から
気管支の炎症があるということがわかって
きました。

また、それと共に「アレルギー反応による全身の病気」
という古い常識も改められ、
「慢性的な気管支の炎症」と考えられるように
なりました

(免疫とアレルギー反応)

喘息の”ゼエゼエ”は、免疫とアレルギー反応
との関係によって起こるといわれています。
この関係について少し詳しくご説明します。

1.免疫とは?
身体の中に生まれつきあるものと、そうでない
ものとを区別し、異物が体内に侵入してきた時に
これを識別・排除しようとする仕組みを免疫と
いいます。
つまり、身体の健康は免疫という防衛軍が
守ってくれています。

2.アレルギー体質をもった人とは?
免疫は1度体内に侵入してきた異物に対して、
2度と悪さをさせないようにしていますが、
この仕組みが過剰に働いてしまう人がいます。
このような人のことを、アレルギー体質を
持った人といいます。

3.アレルギー反応とは?
ハウスダストやダニ、花粉などは私達の身体にない
異物ですが、通常は身体に悪影響を及ぼさないため、
免疫システムの攻撃対象にはなりません。
しかし、中には、これらのような害のない物も
異物としてとらえ、免疫システムが働いてしまう
人がいます。

そのために起きてしまうのが、アレルギー反応
であり、この過剰な反応を引き起こしてしまう
物質を、"アレルゲン"と呼んでいます。

(喘息(ぜんそく)には2つのタイプがあります)

喘息には、花粉やハウスダストなどのアレルゲン
を特定できるアトピー型喘息と、
アレルゲンを特定できない非アトピー型喘息の
2つのタイプがあります。

喘息発作を引き起こす原因は異なりますが、
両タイプとも症状、治療方法は同じです。
http://www.e-chiken.com/shikkan/zensoku.htm

「咳喘息」

咳喘息(cough variant asthma:CVA)は、ゼーゼー、
ヒューヒューや呼吸困難がなく、慢性に咳だけが
続く病気です。

咳喘息は正式な喘息ではありませんが、喘息の前の
段階と考えられています。

原因はよくわかっていませんが、最近、非常に
増えている病気で、多くはかぜに続いておこります。
かぜの後に3〜4週間以上咳が続いたら、この病気を
考える必要があります。

(咳喘息の特徴)

1. ほかに原因となる病気がないのにいつまでも
咳だけが続く
2. 咳は数ヶ月から、ひどい場合は1年以上続く
ことがある
3. かぜの後におこることが多い
4. ゼーゼー、ヒューヒューや呼吸困難はない
5. ほとんど痰はでない
6. 咳は夜間から明け方にかけてでることが多い
7. 冷たい空気やタバコの煙を吸うと咳き込みやすい
8. 会話、電話、運動などのときに咳き込みやすい
9. かぜ薬や咳止めを飲んでも効かない
10. 気管支拡張薬が有効

(治療)

風邪薬、抗生物質、咳止めは効果がありません。
気管支拡張薬、吸入ステロイド薬、抗アレルギー薬
が有効ですが、確実な効果があるのは
吸入ステロイド薬です。

咳喘息は気管支拡張薬が有効なことが特徴ですが、
気管支拡張薬で軽減しても消失する患者さんは
少なく、吸入ステロイド薬を必要とする場合が
多くあります。
気管支拡張薬、吸入ステロイド薬でも効果が
上がらない場合、抗アレルギー薬を使用する
こともあります。
http://www6.ocn.ne.jp/~miyagawa/04_11.html

詳しい説明は、次をご覧下さい。

>> 気管支ぜんそくと咳ぜんそく




| 健康 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:30 | - | - |









http://voyage3906.jugem.jp/trackback/152