SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
スポンサードリンク
「お気に入り」に追加
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康、食品、ビジネス、旅行などの生活上の知っておくべきと思う情報を厳選して提供します。
知っていたことも知らなかったことも再認識していただく為のブログです。
Google
<< 低血糖の危険と治療 | main | タバコの害と禁煙の効果 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
低体温は、病気の原因
「低体温とは」

最近、低体温の子供や大人が増えています。
本来、私達人間の体温の平均は36.5℃くらいであり、
これは体内の酵素が最も活性化され、働いてくれる温度です。

低体温だと、酵素の働きが低下するため、新陳代謝が
悪くなり、免疫力も低下します。

体温が1℃下がると、
〔髪嵶歪祺次↓基礎代謝低下、B瞭盥攸燃萓の低下、
といわれています。

低体温になると、血行も悪くなり、免疫力も低下し、
疲労やアレルギー、生活習慣病など多くの病気に
かかりやすい状態になります。

また婦人科疾患(子宮内膜症や子宮筋腫、不妊症)
などは低体温や冷えと関係があるといわれています。

健康な人の体温は約36.5℃で、細胞の新陳代謝が
活発で、健康で、免疫力も高く、ほとんど病気を
しない状態を保つことができます。

低体温の人の体温は35℃台以下ぐらいで、この場合、
新陳代謝が活発ではありません。
低体温だと、基礎代謝が低下するため、脂肪を燃焼
しにくくなり、太りやすくなります。

また、体温が下がり、免疫力が低下すると、カゼなどの
感染症にかかりやすくなったり、花粉症などの
アレルギー症状が出やすくなります。

さらに、低体温だと、免疫力が落ちることに加え、
体温が35℃になるとガン細胞が活発になるとも
いわれています。

低体温と睡眠、朝食摂取の関係

低体温とは、36.4℃以下の体温のことで、低体温に
なると熱を作る力が弱くなる、免疫力が低下します。
 
睡眠時間と体温の関係を見てみると、睡眠を
あまり取っていない生徒の方が多く取っている
生徒よりも低体温が多いことがわかりました。
 
次に、朝食摂取生徒と摂取していない生徒との午前の
体温の比較をしてみると、朝食を取っていない生徒は
取っている生徒に比べて明らかに低体温が多い
ことがわかりました。

以上のことから、睡眠や食事特に朝食と日中の体温とは
深く関わっていることがわかりました。

愛媛県立東温高等学校の調査・研究した結果を
ご覧下さい。

>> 低体温は、病気の原因
| 健康 | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:50 | - | - |









http://voyage3906.jugem.jp/trackback/163